当社(アローコンサルティング)は豊かな生活・健康的な生活を実現させる取り組みを様々行っておりますが、その一環として厚生労働省のスマート・ライフ・プロジェクトに参画しました。

当該プロジェクトに係わる活動内容事例についてご紹介いたします。

完全禁煙実施

健康に配慮した活動の一環として禁煙に関する取り組みを実施しております。
煙草を吸う本人だけでなく、周囲の健康を損ねる危険性があることから、基本的には仕事中は煙草を吸わず、完全禁煙で業務行っています。

全体の生産性という視点で見れば、健康であることが重要なのはもちろんですが、タバコを吸う本人ではなく、吸わない人から見た際の煙草を吸う人に対するストレス(業務時間であるにも関わらず吸う事や刷った後の臭い等で集中できない等)も大きいことがわかったため、様々な視点から豊かな生活の実現ということを考えると、禁煙活動することは理に適っていると考え、取り組んでいます。

ウォーキング活動

最低週1日大きな公園などでウォーキング活動を行っています。
パソコンを用いた業務が中心であり、身体を動かす機会が少ないことから、血行不良のリスクがあると考え、ウォーキングすることを取り入れています。

具体的には、1日8千歩を目標、最低でも週1回2時間程度以上は歩行運動を行う事を目安にしておりますが、強制ではありません。

一定の調査機関の情報によると、1日8千歩歩くかどうかで健康寿命に差が出るとの報告も有り、結果的に運動を行った方が長い目で見た際の業務効率も高いことが予想されるので、業務中であっても空いた時間があれば運動することを許可しています。

食事と休暇

休暇の促進と食事のバランスに関する情報提供も行っています。